RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • delphiコンポーネント:祝祭日カレンダーコンポーネント
    pooco (12/26)
  • delphiコンポーネント:祝祭日カレンダーコンポーネント
    hopeseeds (12/26)
  • delphiコンポーネント:祝祭日カレンダーコンポーネント
    pooco (12/26)
  • Delphiコンポーネント:国際化対応コンポーネント IniLang
    hopeseeds (08/22)
  • Delphiコンポーネント:国際化対応コンポーネント IniLang
    Hideo (08/21)
  • 特定のページが開けない!なんと、コードギアのホームページが開けない・・私のせい?
    QQ (07/18)
  • delphiコンポーネント:祝祭日カレンダーコンポーネント
    taha (05/30)
  • delphiコンポーネント:祝祭日カレンダーコンポーネント
    cham (03/27)
  • 第8回 CodeGearデベロッパーキャンプ開催!
    cham (03/27)
  • delphiコンポーネント:祝祭日カレンダーコンポーネント
    ふみちゃん (03/25)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Delphi Holic (HopeSeeds blog)

「Delphi Holic」は、ホープシーズ製品の紹介、
Delphi、Kylix、Lazarusなどの情報を上げていきます。
[そんな理不尽なぁ] F-Secure アンインストール
弊社は、ソフトウェアプロテクト技術を開発しているし、インターネットに接続して認証するのを前提としている製品もあるので、ほとんどの種類のOSと、ウィルスソフトを試している。特にソフトウェア・ファイヤーウォールは、各製品によって、警告の出方が違うから、解除の方法などを知っておかないと、うっかり通信遮断を選択してしまうと、初心者では、単純に製品が動かないと思ってしまうから、サポートの為にも知っておかないといけない。

そのウィルスソフトで、F-Secure という製品がある。以前のこのブログで、「アンインストールができないという問題に遭遇した」 F-Secure の最新のバージョン(体験版)で、インストールが異常に長いので、途中で打ち切ると、こういう問題が起きるようだ。
F-Secureの名誉の為に一応書くが、私は、嫌いなソフトではない。しかし、せっかくウィルス駆除のレベルが高いのに、脇が甘いなとは思った。一つ前のバージョンは、私の評価用パソコンにいれているしね。
で、F-Secureのアンインストール失敗パソコンには、かわりに今は、NOD32のセキュリティスィートであるESET Smart Security を入れているのだが、これのファイヤーウォールのフィルタリングモードを手動で許可を決める、対話モードに変更して、初めて気がついた。F-Secureのサービスのいくつかが生きていたのだ。これは、問題だ。

それで、再度調べたら、あったあった。強制アンインストールが、こちらのサイトに出ていました。もっと早く気がついていたらねと思った。早速、ダウンロードし、起動! Oh! NOuuuu! 実行すると、自動的に再起動するのだが、確認メッセージなしに、強制的に再起動した! 編集中のデータもふっとんだぁ・・・。ダウンロードサイトにも「必ず使用中のアプリケーションを終了してから実行してください。」と注意書きがありました。私が悪いのだが、最後に確認メッセージ入れる位、プログラムコードでは1行で住みそうなのだが。プログラマ的に、ちょっと、細かいところで、脇が甘い感じがねぇ。


| そんな理不尽なぁ | 07:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
[そんな理不尽なぁ]アンインストール
弊社の年度末は10月末。つまり、年度初めは11月という訳だ。そんなタイミングで買い込んだこともあって、ウィルスチェックのソフトウェアの年次更新をしないといけない時期なのだ。

最初は、McAfee製のを使っていた。当初問題はなかったが、何となくパフォーマンス食いを感じ、Kaspersky(カスペルスキー)に変更した。これは、結構軽かった。不満なのは、設定にもよるが、圧縮ファイルのあるフォルダーを開くと、チェックに待たされるぐらいだ。また、このエンジンは、他社へOEMの実績が結構ある。

今、いろんなウィルスチェックのソフトウェアでは、体験版として幾日か使える様になっている。そんなこともあって、色々試してみたくなった。

同じ Kasperskyエンジンを使っているという、F-Secure に目がいった。色々複合したエンジンな為、検出率はKaspersky以上とのこと。サーバーで使われていることも知られている。
しかし!、私の環境では理不尽なことが起こってしまった。
まず、インストールで1時間待っても終わらない。ウィルスチェックしているのか?本当にインストール途中なのか、表示がさっぱり。短気な私は、ここで、再起動してしまった。すると、そのせいか、パフォーマンスがぐぐっと落ちた感じがした。そこで、アンインストールしようとした。んんん!!! まず、スタートメニューからアンインストールのアイコンはない。まぁ、それは良くあること。そこで、「プログラムの追加と削除」でと思い開くと、な、なんだ、どれを削除すればいいの?いっぱいF-Secureのリストが並んでいる。とりあえず、体験版だし、マニュアルも見てないから、手当たり次第、試してみて、これというものをアンインストール。すると、4時間経ってもアンインストールが終わらない。今、このブログを書いている時も動きっぱなしだ。しかし、リストにあがっていた数が減っているので、一応動作しているらしい。
これは、私の環境が悪いのか、インストール途中で切ってしまったからか。
F-Secureの名誉の為、追記するけど、悪いソフトではない。昔はムーミンのキャラクターを使っていて、実績も相まって、いつかは使いたいと思っていた。しかし、今回は使用をパスせざる終えないな。いろんなプロセスが立ち上がる仕組みなのは、仕方がないが、それはそれで、隠すべきだと思うな。ある意味、体験版が役にたった。

もう一つ、紹介すると、NOD32のセキュリティスィートである。ESET Smart Securityが、11月8日に発売になる。このβ版は、さくっとインストールができ、軽快なチェックを行ってくれた。今期は、これを使おうと思っている。

追記
F-Secureのアンインストール、待つこと、8時間! 結局終わらずに、突然、Cドライブが容量不足 とメッセージが出た。何事? 探しに探して、見つけたファイル、FSDEPH.log が14GByteになっていた。何のエラーログか知らないが、アンインストールするのだから、何もログを吐かなくたっていいのでは?
結局、手動で削除する羽目に。蒔いた種は自分にあるかもしれないけれど。



| そんな理不尽なぁ | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |